Zum Inhalt springen


浅科日記


諏訪へ(2/6)  殺伐とした今

諏訪大社にお詣り 願うことはいろいろ!!! 一年で一番美味しいといわれる寒は過ぎてましたが、身もふっくらして美味しくいただきました! 極寒のこの日、熱湯の名湯・下諏訪温泉に浸かって、しっかり温まってきました!

 

激動の幕末から明治に茶葉交易に乗り出した伝説の女あるじ・大浦慶の生涯を描いた歴史小説 第3章・風月同天・・・この言葉最近目にしたばかり。

日本青少年育成協会が中国に送った救援マスクの箱に、山川異域 風月同天と書かれていた漢詩。殺伐とした今、心にとどめて置きたいです!

« 立春、暦どおりの春? – なんと気温19℃! »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2020年2月11日 um 10:26 AM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    人っこ一人もいない荘厳な雰囲気の諏訪大社の御参り、
    願い事は叶うことでしょう!

    お参りに行って、美味しい鰻を頂く・・年中行事、大切になさってますね!

    #1 コメント vom 13. 2月 2020 um 8:55 AM

  2. asashinabiyori

    真冬の寒さのこの日は、さすがに静寂そのものの境内でしたが、
    今年も暖冬で諏訪湖の御神渡りは現れず仕舞いでした。

    寒いからと家に籠ってばかりではいられませんね!

    #2 コメント vom 13. 2月 2020 um 10:24 AM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。