Zum Inhalt springen


浅科日記


冬もまじかに!

初霜が降りました!

10数年経って初めて咲いた銀木犀、余りにも長い間咲かないので、これは柊かとも思ったり?

« プロの庭仕事 – 晴れて、プロテスト合格‼ »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2019年11月5日 um 12:24 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント

  1. n

    初霜!いよいよ寒さ到来ですね!
    庭がさっぱりして眺めがいいですね。

    #1 コメント vom 05. 11月 2019 um 8:53 PM

  2. asashinabiyori

    今朝はさらに冷え込んで車のフロントガラスが凍っていました。

    台地の家の周囲がすっかり良くなりました。
    今回、手入れをお願いしたmさん、名刺には空師ともあって、最初その言葉はわかりませんでしたが、安全ベルトとロープで、高い木での伐採をするプロ。
    その技は本当に見事で、凄かったです!

    #2 コメント vom 06. 11月 2019 um 8:39 AM

  3. すず

    あの桜林の剪定をなさったそう・・台地からの我が家の桜は毎年の剪定で、
    ずんぐりむっくりの樹になりましたが幹の太さは驚くほどです。

    環境の違いで、台地の桜が女形なら、こちらは太り気味の男形でしょうか!

    台地からの秋空を見て、深呼吸です。

    #3 コメント vom 06. 11月 2019 um 7:52 PM

  4. asashinabiyori

    同じ木でも、育つ環境で樹形に違いがでるのですね!
    この辺りでは、どこも同じような姿です。

    台地の家、当初は、敷地一面桜でしたが、今は様々な雑木林にしています。
    桜は家へのアプローチの他は、ところどころに残しています。

    #4 コメント vom 07. 11月 2019 um 7:46 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。