Zum Inhalt springen


浅科日記


青森の旅

八戸から鮫駅、ここから種差海岸遊覧バスで種差海岸に 海も空も真っ青!1日目の宿は棟方志功ゆかりの宿、浅虫温泉・椿館  浅虫の高台から眺める陸奥湾

あおもり犬(青森県立美術館)奈良美智、棟方志功 青森縁の作家が多数展示されていました残雪の八甲田の山々奥入瀬渓流!何十年振りかの十和田湖湖と乙女の像は昔のままの懐かしい景色!2日目の宿3日目、奥入瀬渓流ウォークに参加昨日とはまた違った彩の渓流苔の胞子が勢ぞろい巨大な一枚岩・石ヶ戸自然観察をしながらガイドウォークの最終地点まで2.8キロ

4名揃って3日間8000~10000歩を歩きました!次もまだ大丈夫?

奥入瀬渓流

 

« このひと月 畑作業の合間に – 台地の家、6月! »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2019年6月2日 um 4:55 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    写真にすると、さらに景色がダイナミックに感じます。
    自分の視界との違いが分かりますね!

    改めて、東北の新緑の美しさを実感してます・・・足、目、心、口その他が揃って、初めて旅の醍醐味が味わえるのかな!

    #1 コメント vom 03. 6月 2019 um 1:04 PM

  2. asashinabiyori

    暑くもなく、寒くもなく、お天気にも恵まれ美しい新緑を味わえましたね。

    確かに、旅の醍醐味は、五官=五感で味わえる事ですね。
    見、聞き、味わい、触れ、そこならではの空気感などの非日常に、心身ともにリフレシュされる思いです。

    又、再訪した場所では、遠い昔を思い出すよすがになりました。

    #2 コメント vom 03. 6月 2019 um 2:48 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。