Zum Inhalt springen


浅科日記


蓼科の小さな宿で旬を味わう 9/20,21

玄関わきのフロント・素敵な設え!11月には火が灯るロビーの暖炉!夕食は先ず前菜の柿の白和や珍しい岩魚の燻製 鱧小袖寿司など椀物は松茸の土瓶蒸し、サラダは高原野菜は和風バーニャカウダ添え 大岩魚と炙りサーモンのお造り焼物は鮎の醤油焼き 揚物は高原野菜の揚げ出し 箸休はくるみ蕎麦 食事は信州牛・ハイポーク・鰻白焼きの3種盛 白飯 味噌汁 そしてデザート 飲み物・・・初秋の味を堪能して、明日からの力になります!

蓼科に向かう前には、飯島町に寄り道して旬の栗菓子も!

« 今日も素晴らしい秋日和です! – 又、台風が近づいています! »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2018年9月22日 um 3:53 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント

  1. すず

    古民家風の風情のある宿とお見受けしました。

    まぁ、マツタケ!

    今年は豊作とか、・・旬の先取りのお料理が並んでますね!

    (飯島町??)

    #1 コメント vom 22. 9月 2018 um 9:40 PM

  2. asashinabiyori

    部屋数10室足らずの小さなお宿ですが、良い宿でしたよ!
    松茸は、ほんの気持ち香りを楽しみました。

    行きの途中の道の駅では、取れたての松茸が程々の値段でたくさん出ていましたから、今のところは出来の良い年のようです。買うつもりでしたが、松茸は当日食べないと価値がなくなると言われ、では帰りにと思いましたが、当日は生憎の雨模様でしたので、又の機会になりました。

    飯島町は、以前ご一緒した千畳敷カールのある駒ヶ根から、10㌔弱南に下ったところにあり、辺りは栗の産地で、そこになかなかおしゃれな菓子工房があります。
    昨年善光寺の参道に支店ができて、そこのお菓子が美味しかったので、本店まで足を延ばしてみました。期待以上でした!

    #2 コメント vom 23. 9月 2018 um 11:56 AM

  3. n

    よだれが出そうです。お酒も進みそうでいいですね。

    #3 コメント vom 23. 9月 2018 um 2:31 PM

  4. asashinabiyori

    口福のひとときでした!

    #4 コメント vom 23. 9月 2018 um 7:02 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。