Zum Inhalt springen


浅科日記


根競べ

この夏、玄関のポーチに目や口や耳を備えた顔が出現、落としても落としても4,5日ですぐに又完成させてしまいます。こんな恐ろしい顔はしていても、全く攻撃はしてこないおとなしいスズメバチの種類のようなので、根負けしてこのまま静観しておこうかと・・・昨日、今日とすっかり涼しくなり、来年用の玉葱と長葱の種まき、終わりかけた野菜の後始末、育ち始めたニンジンやサニーレタスの手入れなど畑仕事が捗りました。キャベツ、ブロッコリー、白菜も順調に育っています

« ここ数日、午後になると遠くで雷鳴が轟いてます – 一歩づつ秋へ »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2018年8月18日 um 1:22 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    立派なマイホームですね・・おとなしいスズメバチなんているのですか?

    くれぐれも油断なさらずに!

    我が家も何十年前、スズメバチに巣作りされて、通学路なので退治しました。
    近所の小学校に巣を教材として届けました。

    #1 コメント vom 18. 8月 2018 um 5:13 PM

  2. asashinabiyori

    スズメ蜂というと凶暴な大スズメバチを思いますが、巣の形でいろいろ見分けることが出来るようです。

    台地の家でも、以前、物置小屋に大スズメバチの大きな巣が出来て、業者に頼んで駆除してもらったことがあります。

    この夏は、この巣以外にも、蜜蜂、足長蜂など家の周囲に数十個の巣が出来て、うっかり刺されて大変でしたが、果実や実物野菜の受粉に恩恵を受けているので無暗に邪魔者扱いはできません

    イネの除草剤の影響で最近、蜂がどんどん減少しているようですが、それでも蜂のおかげで日本全体では、お金に換算すると莫大な金額の恩恵を受けているという資料もありますね!

    #2 コメント vom 19. 8月 2018 um 1:11 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。