Zum Inhalt springen


浅科日記


木曽街道~旧江戸街道(11/2,3)

お天気に恵まれたこの日、木曽福島から、木曽馬の里開田高原を通る木曽街道 信州側からの御嶽山を間近に展望しながら・・

岐阜県側の御嶽山の6合目にある濁河温泉まで。日陰に雪の残る朝日荘に1泊、温泉と飛騨牛と朴葉味噌を堪能して・・翌朝も快晴!木曽街道から野麦街道(旧江戸街道)へ、この日は乗鞍の峰々を望みながら野麦峠へ。今でも険しい山道を、当時、旅の険しさは如何ばかりだったのかと?この道は信州善光寺への参詣道であったり鰤街道でもあったとか峠を暫く下った所に10数年前に、東御市から奈川の広大なこの地に移転して、今では日本一のチーズとヨーグルトと評判の清水牧場に立ち寄り梓湖

ぐるっと一筆書きのような一泊二日でした

« 11月! – 小春日和の一日 »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2017年11月4日 um 4:04 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    好天に恵まれて、リフレッシユな旅を堪能できましたね。
    乗鞍、御嶽周辺は多くのダムが点在して、飛騨山脈の豊かさを感じます。

    野麦峠は昔は難所だった・・製糸工場で働く乙女達の秘話を思い出します!
    (岡谷の工場に幼い子供たちが今で言う出稼ぎ?)

    濁河温泉は標高が高い所に・・噴火の影響は無かったのかしら?
    ここ近辺は雄大な景色を眺められて魅力的な場所が沢山ありますね!

    美しい景色を有難う!

    #1 コメント vom 06. 11月 2017 um 9:14 AM

  2. asashinabiyori

    穏やかな好天に恵まれた2日間でした!

    多くの犠牲者を出した御嶽山の大爆発でしたが、この穏やかな山容からは想像だに出来ません。
    長野県側の御嶽山展望台には、噴火で亡くなった方々を悼む献花台が置かれていましたので、手を合わせてきました。
    岐阜県側には被害もなかったようです。

    御嶽山や、乗鞍のほか、連なる山並みからは白山や、槍、穂高などが見え隠れして、わくわくしながら街道を走りました。

    野麦峠は、今でも、冬季通行止めになりますね。
    道幅も狭く、大型車両は勿論通行できませんが、普通車でも、すれ違いの出来ないようなところばかりでしたが、幸い、怖い思いをすることなく無事に峠越えが出来ました!

    #2 コメント vom 06. 11月 2017 um 4:15 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。