Zum Inhalt springen


浅科日記


梢で、枯葉の中で

澄んだ可愛い鳴き声につられて近づくと、高い所で囀っている百舌鳥!地面では独特のポーズで跳ねながら懸命に嘴で枯葉の中の餌探しをするツグミも!

苗を植えてそろそろ10年、今年初めて離れた場所に咲いています。種が自然に飛んで増えたのでしょうか?ここにも、そこにも散らばって咲いてます!

« 松本・美ヶ原温泉へ(2/3~4) – 北国街道、海野宿 »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2017年3月4日 um 3:28 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

4件のコメント

  1. すず

    バードウォチングには、最適な季節ですね!
    ここ辺りはウォチングより、バードヒャリング? さえずりが聞こえると散歩途中で、探してしまいます。
    梅にメジロが群がり、その後はヒヨが来て、メジロは退散します。

    モズの「はやにえ」・・余分なエサを枝に刺すといわれていますが、見たことありますか?
    昔、小さい干しカエルが枝にあり・・モズの仕業かな?と思いましたが。

    #1 コメント vom 06. 3月 2017 um 11:08 AM

  2. asashinabiyori

    台地にも少しづつ待ちかねた春が近づいてきました!
    木々が枯れ枝の今が野鳥観察の好機ですね。

    とはいえ、いろいろ鳥がやってきますが、特にスズメよりも小さなシジュウカラの仲間達は群れで飛んでくるのですが、素早い動きで、なかなか難しいです。

    春の到来を謳歌しているような軽やかな鳥たちを眺めながら、そろそろ畑や花壇の準備を、と思っています。

    モズの「はやいえ」は聞いていますが、見たことはありません!枝に刺したままということはすぐに餌にするのではないのですね?

    #2 コメント vom 07. 3月 2017 um 10:27 AM

  3. n

    もずが枯木に鳴いている~~~
    歌のようです。

    #3 コメント vom 09. 3月 2017 um 3:12 PM

  4. asashinabiyori

    枯れ木に止まって、鳴いて・・・本当にそのままです!

    年々、台地の家にやってくる野鳥が増えてその声や、しぐさなど眺めて楽しんでいます!

    #4 コメント vom 10. 3月 2017 um 1:49 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。