Zum Inhalt springen


浅科日記


松本・美ヶ原温泉へ(2/3~4)

松本市内から十数分、乗鞍の山並みを眺める里山辺昭和3年当時の造りを今に残す金宇館へ手入れの行き届いたお庭に雪囲いが一際!館内の設えも、美味しいお料理も、評判通りの宿でした!

« 春へ一歩! – 梢で、枯葉の中で »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2017年2月23日 um 2:52 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    アルプスを背に・・何だか、久しぶりに目にする景色です。
    良いですねぇ~いつまでも眺めていたい気分にさせられます。

    こちらは、毎日のように強風が吹いて、折角の梅の花見もままならずです。
    松本郊外には、良い温泉が沢山ありますね!
    それにしても、昭和3年の建物・・これからも残したい「宿」ですね!

    #1 コメント vom 24. 2月 2017 um 12:01 PM

  2. asashinabiyori

    雪に覆われたアルプスの連なりは、その迫力といい、美しさといい、
    どこから眺めても、本当に素晴らしいの一言です!
    台地からも冬の間、北信まで晴れ渡った日、それは見事に一望できます。

    春の訪れを僅かに感じるものの、吹く風の冷たさに、ため息!
    東風吹かば・・・・・・。 ゆっくりお花見ができる日が待ち遠しいですね。

    近くになかなか良い宿がありました。

    #2 コメント vom 24. 2月 2017 um 5:00 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。