Zum Inhalt springen


浅科日記


天空の花園、入笠山へ(9/14)

ゴンドラを降りて10分ほどで湿原に!

湿原にはエゾリンドウが群生して咲いていました!

山頂までの登山道には、早や、咲き終わったヤナギラン、ノコンギク、コオニユリ、ハンゴンソウなど殆どの花が終わった中でフシグロセンノウやノコギリソウなどを見ることができました

標高1773mのゴンドラ山頂駅から入笠山山頂1955mまで、1時間弱のトレッキング

お天気が良ければ南アルプス、北アルプス、中央アルプス、奥秩父、八ヶ岳、富士山まで望める展望の山、この日、山頂は、あいにくの曇り空、眺望は次の楽しみに残して!

数十年前、鈴蘭の頃に訪れて以来の入笠山、当時泊った鈴蘭小屋は無く、すっかり様子が変わっていましたが、期待以上のトレッキングでした。

家から2時間足らずの入笠山、鈴蘭の頃に、紅葉の頃に時期を変えて又出かけたいです。

 

 

« 日、一日と、秋 – 今日から、シルバーウイーク »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2015年9月15日 um 5:29 PM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. すず

    入笠山も、整備されてゴンドラも用意・・半世紀前の記憶では、すべて驚きです。

    まだ、花類が残っていたとはラッキーですね!

    入笠といえば、「スズラン」の群生と懐かしい山です・・いつか歩きたいと思っています!

    #1 コメント vom 18. 9月 2015 um 3:27 PM

  2. asashinabiyori

    入笠山は日本ジオパーク、そして昨年はユネスコエコパークにも登録され、
    山野草は150種も楽しめるようです。
    昔、昔、青柳駅から歩き始めて、入笠高原の鈴蘭小屋に泊って、
    翌日は富士見駅まで、良く歩きましたね!

    今は、登山道も自然環境を保持しつつ整備され、
    とても素敵なトレッキングを楽しめる山でした。
    もう花の盛りの時季は終わっていましたが、それでもノコンギクや
    ウメバチソウ、アキノキリンソウなど咲き残りの花を見ることができました。

    観光地にありがちな様子は微塵もなく、心地よく過ごせる入笠山。
    自然観察にもお勧めです!

    #2 コメント vom 18. 9月 2015 um 3:54 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。