Zum Inhalt springen


浅科日記


愛知、三重へ(5/24,25)

雪の残る木曽御嶽山、木曽駒ヶ岳、南アルプスを遠くに中央道を名古屋まで

名古屋で用事を済ませて、伊良湖で1泊、伊勢湾フェリーで、神島など、島々を眺めながら、鳥羽へ

先ずは伊勢神宮外宮・正宮でお詣りして

爽やかな川風を感じながら、五十鈴川沿いを散策して

内宮へ

手入れの行き届いた庭園を眺めながら、正宮をお詣りしました。

参詣後、おはらい町で、名物伊勢うどん、赤福など、お伊勢参り気分を満喫しました!

« カンボクとレンゲツツジ – 巣箱 »

作成者:
asashinabiyori
日付:
2013年5月27日 um 11:34 AM
Category:
未分類
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント

  1. 鈴木裕子

    いつも、天気に恵まれて、楽しく旅をしていますね!

    神島・・懐かしいですね~三島由紀夫の小説の舞台?
    題名が思い出せない??

    「潮騒」でしたね・・・神島の遠望は亀の形に見えましたか?
    学生時代に2週間位、滞在しました・・久しぶりに、
    この島の名前を聞きました。

    #1 コメント vom 27. 5月 2013 um 7:22 PM

  2. asashinabiyori

    懐かしい島の旅ですね!

    神島は結構大きな島とはいえ、随分長く滞在したのですね。
    私たちは、僅か数日だったように思います。
    その時、同行した2名とは、もう永久に遭うことがないのですから、
    月日の経過をしみじみ感じてしまいます。

    今回初めて、長野から出かけてみて、遠いと思っていた名古屋や三重も、
    高速道路のお蔭で、意外と短時間で行かれることがわかりました。
    伊勢から自宅まで、渋滞もないので、サービスエリアで度々休んでも、5時間弱でしたから。

    #2 コメント vom 28. 5月 2013 um 3:30 PM

現在、コメントフォームは閉鎖中です。